UA-201276906-2

【ハワイ】Uber(ウーバー) vs Lyft(リフト)ハワイで使うならどっち!?

日本ではまだマイナーですが、海外ではメインストリームの移動手段となったシャアライドリング。ハワイでのUber&Lyftの使い勝手・特徴をまとめてご紹介します!!英語だし敷居は高いと言うイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単!!

Uber(ウーバー)・Lyft(リフト)ってどんなサービス?

Points Cashback Uber Lyft - Uber Lyft Logo Png, Transparent Png - kindpng

Uber・Lyftはそれぞれの会社が提供しているプラットホーム(アプリ)上で、利用者とドライバーをマッチングし、「移動」と言うサービスを提供するシャアリングサービスです。アメリカでは一般的な存在で、利用者も多く、タクシー業界から多くの反発を招いたと言うニュースもあったほどです。

日本では、一部のタクシー会社が利用していますが、まだまだ使っている方はすくないのではないでしょうか。しかし、その使い勝手は抜群で、私も海外では空港に着いた瞬間から利用しています。

■メリット
  • 乗車前に料金の提示があるので、ぼったくりの心配無し
  • 地図上でルートが表示されるので、回り道の心配無し
  • 地図でピックアップ場所・行先を指定できるので、英語でのコミュニケーションが不要
  • 登録のクレジットカードでの支払いなので、現地の通貨が無くても大丈夫
  • ドライバーの評価を事前に確認出来る(Uberの場合は5点満点中4.6以下になると仕事が来なくなる)
  • チップが不要(アプリから後ほどチップを渡すことも出来る)
■デメリット
  • たまにドライバーからピックアップ場所がわからないと英語で電話・チャットが来る
  • たまにピックアップをドライバーが勝手にキャンセルする
  • 空港やホテルなどでは、専用乗り場が指定されており、場所がちょっと分かりにくいい

こんな人に使ってほしい!

UberもLyftもとっても便利です。ハワイやニューヨーク、ボストンなどアメリカは訪れることが多いのですが、走っているタクシーを捕まえるより、圧倒的にUber・Lyftを利用しています。

  • 英語に自信がない。。
  • 地図の見かた・読み方に自信がない。。
  • 初めての街・都市でとにかく不安。。
  • ぼったくりに合うんじゃないか心配。。

この様な方にUberもLyftのシャアリングサービスはとってもおすすめです。もちろん旅中上級者にももですが。

Uber・Lyft比較

項目Uber(ウーバー)Lyft(リフト)
設立2009年2012年
サービスエリア全世界 (600以上の都市)アメリカ国内
対応OSiOS/AndroidiOS/Android
ピーク時の料金設定通常時の7~8倍の値段通常時の2倍の値段
チップ制度
車のランク6タイプから選択4ランクから選択
マッチングしやすさ
※利用する都市にもよります

UberとLyftの大きな違いは、①全世界で利用できるか・アメックス国内だけか、②マッチングのしやすさ、③料金設定だと思っています。③の料金は、Lyft<Uberと言う印象です。ただ、過去にハワイでLyftを利用した際には、マッチングしてその後に勝手にキャンセルされた経験が有り、中々捕まらない印象も有り、個人的には料金は高いが、Uberの方が使い勝手が良いのではと思っています。※今後、ニューヨーク・ハワイで両方使ってまた記事をアップします。

Uber(ウーバー)の使い方

英語勉強動画やアメリカの文化などを紹介しているHapa 英会話さんがUberの使い方動画を紹介していますので、ご覧ください。

■ハワイでのUberの使い方

ハワイで使い際ですが、まずは日本でUberアプリをダウウンロードし、クレジットカードの登録などの初期設定を済ましておきましょう。そいて、空港に着いたら呼べば良いのですが、Uberのピックアップ場所が空港内で指定されて、そこまで移動してUberに乗り込みます。

ハワイでのUberの使い方

ダニエル・イノウエ空港では、2階出発ロビーのロビー2、ロビー5、ロビー8の前でUberに乗ることが出来ます。JAL・ANAを使う方は、ロビー5かロビー8を利用すると良いと思います。またハワイ航空の方は、ロビー2が一番近いです。

■ダニエル・イノウエ空港からホノルル移動料金比較

分類料金時間
UIber20ドル~
※時間や混雑状況により変動
20分~30分程度
タクシー40ドル~50ドル
※チップ含む
20分~30分程度
シャトルバス16〜18ドル40分~60分程度
※ホテルによっては順番が最後になり時間が掛かる

帰国の際は、利用の国内会社のターミナルをアプリ上の地図で指定すれば、出発ゲートのターミナルまで連れていってくれます

Lyft(リフト)の使い方

人気旅行系YoutuberのおのださんがハワイでLyftを使っている動画ありましたので、こちら(動画内24:00ごろ)をご覧ください。

使い方や空港でのピックアップ場所はUberと一緒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA